よくある質問|三谷歯科医院|高松市の歯医者・歯科

〒761-0121
香川県高松市牟礼町牟礼2533-2

よくある質問
  • HOME
  • よくある質問

当院に寄せられるよくある質問にお答えいたします。

インプラントに年齢制限はありますか?

年齢に上限はありません。下は16歳以上(骨の成長がほぼ終了している)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受ける事ができます。

インプラントの手術後に痛みや腫れを感じる事はありますか?

当院では、歯茎を切らず、糸で縫わない「フラップレスインプラント」を実施しています。これは、歯茎に小さい穴を開ける事で切開するよりも短時間のうちにインプラントを埋め込む方法です。メスで切開しないぶん、痛みや出血、腫れを軽減する事ができます。

どうして三谷歯科医院では、はじめに全体の治療計画を立てるのですか?

虫歯・歯周病の再発防止の観点から、噛み合わせの治療が重要だと考えているからです。噛み合わせの治療を並行して行うためにはまず、全体の様子を見てから計画を立てる必要があります。

虫歯は親から子どもにうつりますか?

虫歯自体はうつりませんが、虫歯菌はうつります。虫歯は口の中の細菌によって引き起こされる、一種の感染症です。そのため周囲の人から唾液を介してうつる事があります。自分が噛んだものを与えたり、同じ歯ブラシを使ったりするのは避けましょう。

ただし虫歯菌が口の中に入ったらすぐ虫歯ができるわけではありません。砂糖を多く含む食べ物を口にする事で、菌が歯の表面に定着すると虫歯発生のリスクが高まります。

リスクを抑えるため、糖分のコントロールをしつつ、親子でしっかり歯磨きをする事が大切です。

子どもが寝ている時にミルクを与えても大丈夫ですか?

上の前歯が生えそろったら、寝ながらミルクを飲む機会は減らしたほうがいいでしょう。人工乳やフォローアップミルクには、母乳と同じくらい糖分が含まれています。昼間に飲むぶんには唾液によって分解されやすいのですが、寝ながら飲むとミルクが口の中に残ったままになり、虫歯の原因になります。

虫歯を予防するには寝ながらの哺乳を減らしていくとともに、歯磨きをして菌を減らしておく事、糖分の多い飲食物を避ける事が大切です。

指しゃぶりやおしゃぶりで歯並びが悪くならないか心配です。

乳歯の奥歯が生えた後も指しゃぶりが続くと、歯並びに悪い影響を与える事があります。おしゃぶりなら2歳頃、指しゃぶりは3歳頃には卒業したいものです。

指以外のものに興味の対象が広がっていくように、清潔な玩具などを用意して「口遊び」をやらせてあげましょう。また1歳を過ぎたら、外遊びやおしゃべりを率先して行い、しゃぶる頻度を下げてあげる事が大切です。